久し振りにドラマを真剣に見ています。それは、嵐の二宮君が出演されている日曜劇場「ブラックペアン」です。手術は絶対に成功させるオペ室の悪魔を演じるのが二宮君。悪魔と言われるだけあって、何を考えているのか分からない雰囲気漂います。でも、何度も見ているうちに、二宮君の演技に引き込まれてしまっています。共演されている竹内涼真君が一生懸命な姿にも胸が躍ります。病院でドラマのような世界が繰り広げられてるのかは知りませんが、あくまでフィクションとして見ているので面白いです。二宮君がドラマでよく使っている「邪魔」というセリフがあります。先日、会社の先輩が脈略もなく後輩に向かって「邪魔」と発言し、後輩の仕事を片付けている姿に驚きました。でも今になって考えれば、もしかして「ブラックペアン」見ていて、二宮君気どりになっていたのかもと想像しました。もしそうだったら、やはり残念な先輩です。次先輩に会ったら、「ブラックペアン」を見ているのかを聞いてみようと思います。